豪雨



大変な地殻変動が起こっているかと思うと、
今度は、空から雨が降り続いて、
一体どうなっているかと思うほどの季節の変わり目。

今回は、九州の豪雨だけれども、
どこで何があってもおかしくないかも!と思うくらいに
ちょっとした角度の変化によって波動なのか、
空気の軋轢に関与する振動の変化なのか、
本当に困ることが起きる日々。



こうした時にまず知っておくといいのは、
絶対に困った自分はいない!と思っておくこと。

そうすると、自然に何かの解決策を見つけようとする
自分になっていく。

そこがポイント。

やはり、自分で解決することが重要だし、
その気持ちを持つには、
ちょっとしたことでヘトヘトにならずに、
しっかりした自分をキープすることかと思います。

それは、小さいことでもいいし、
または大きなこともでいいのですが、

ちょっとしたことにあたふたせず、
1つ1つ丁寧にその事実を踏まえて、
さらには、”どうしよう?”の代わりに、

”そうだっ!”って何かを思いついて、
行動すること。

その思いつきは、
自然にやってくる感覚もあるし、
それ以外にひらめきもある。

そのような意識と無意識の統合した自分は、
すでにいつも自分の中で軽く話し合っていると思います。

そこをもっと上手に、、、というか、
自然とは言えないかもしれないですが、
脳の整理をして、ちょっとだけ不快感もなくすことで、
たくさんのこれからのことを
自分が自分に話してくれるそのやり方。

それが【オパ】です。

きっと、みなさんも【オパ】というツールを手に入れると、
自然に何かの出来事に際して、
ちょっとした楽しさを味わっていただくと思います。

このツールは、自然に何かを再生するためのものです。

再生っていうのは、元々持っている力が出せる自分の
方向に向かって歩く、という意味に近いです。

だから、簡単ではないかもしれないです。

しかし、日々の生活はとても小さいことから
できています。

その小さいことに目を向けて1つづつ
1つづつやっていくと、これからの自分は
とっても楽しい気持ちになって、
災害には勝てないのですが、
でも、その後の始末だったり、
自分を立て直すときに
ふといい方向に目をむけ、
そこまで落ち込まないでいられるのではないかと
思います。

見えないことと見えること。

この2つは、両者の戦いではなくて、
本当は1つのものであり、
人はその両者からの手助けによって
生きる存在だと思います。

だからこそ、
このような意識と無意識を統合したツールによって
身体症状も心理・精神症状も軽くなって、
さらにはどうしようもなくしっとり感のない脳の不快感などにつて
あっさりと軽くなっていくと思います。

それはそれは、
みんな誰でもその統合した自分との出会いを
求めていて、その求め方の違いはいろいろあると思います。

ただただ、自分の気持ちに不安がないかなど、
しっかりと自分に聞きながら、
行動しましょう。

よく洗脳という言葉を聞きますが、
人からの情報によって自分を正すなんてことは、
絶対にしてはいけないし、
それをすると自分は壊れてしまします。

苦しい自分の中にも自分の尊重を求める自分がいる。
だから、その正反対のことに対応する時も、
そうである自分を認め、どこかで折り合いをつけること。

それが適応力だと思うし、
様々なことに順応する自分には、
拍手を贈りたいと思います。

星の降る里リトリートハウスでは、
今日はプレイスクールの【オパ】セラピスト講座を
行います。3日間続きます。

よい1日になると思います。

みなさんも、自分に拍手を贈ってお過ごしください。

藤松弓子