伝わる言い方

【オパ】お母さんセミナーを関東で開催します。関東のセラピストさんが集まります。

みなさん、子育てをどのように考えていますか?

わたしの場合は、おばあちゃんがいて、
おじいちゃんがいて、、、という大家族の子育てではなかったので、
どうやって子どもを育てていいかわからない状況で
慌てまくっていました。

結果、そうだ!このままではいけない!!!
と思いついたのは、もう3人もの子どもを生んだ後。

それから「親業」という学びをしました。
色々と子ども育てに関する本は読んでいましたが、
教育理念が書いてある本の多さを感じていましたが、
「親業」は、画期的でした。具体的なカウンセリングの方法を
教えてくれるものでした。

カウンセリングは、コミュニケーションの1つです。

コミュニケーション法は、色々あります。

・アドバイス
・カウンセリング
・リーディング
・叱り飛ばす
・殴る
・押し付ける

などなど。

どっちかというとわたしは「押し付ける」タイプだったので、
それはNGと自分で思っていました。
子どもの気持ちを無視してるよね!と。

でも、子どもの気持ちってわかんないから!と
思っていました。

が、何かがおかしい。わたしのやり方は違うぞ!
お~い!誰か教えてくれ~!!

なんて思っていました。

そうなると、自分で勉強するしかない!
カウンセリングは上手にできるようになりました。
でも、わたしにはもうちょっと何かが足りない!

ずっとカウンセリングをしていると、
相手の下支えは上手なのに、
自分が伝えたいことが伝わらない。

カウンセリングという方法は、
自分を伝えないことを主眼とするからです。

そう思ったので、自力で考え、そして行き着いたのは、

カウンセリングをした後の
うまい伝え方がわかるといい!

でした。

アドバイスを上手にする方法。

親は伝えたい?

カウンセリングで子どもの気持ちを汲んでみる。
その後に親の気持ちを伝えようとしても、
うまく伝わらない。

何故???

わたしは思いました。

その子にあったやり方で伝えないとわならない。

これは人間関係誰とでも言えることですが、
自分の子どもだから伝わると思っている分、
結構衝撃でした。

それで、そこから

カウンセリングにプラスしたリーディング
が必要と考え、今に至ります。

それが現在の【オパ】です。

みなさんの中にそんなことを希望している方は多いと思います。

是非、1度、話しを聞きにいらしてください。楽しいことが一杯わかります。

藤松弓子

=====

時:11月23日(水・祝) 午前10時~12時
場所:さいたま市にて
内容:【オパ】お母さんセミナー
   ~ ママ大好きだから、怒らないで♪ ~
   講師:藤松弓子「怒らない話し方」
       高三野晴美「迷いを捨てて子どもと向き合う」
       眞坂純子「絵本の読み聞かせ」
参加費:2500円
定員:18名
問合せ・申し込み:opa-seminar.11.23@gmail.com
高三野(たかみの)晴美
  ?お名前店連絡先電話番号を記載の上、お申込みください。
  ?小学校低学年以下の子どもが一緒の場合は、要相談。
申込み締め切り:11月20日(月)午後6時

=====